マグリット展が開催中なので、行ってみた

IMG_0882 IMG_0862 IMG_0866 IMG_0215

 

 

 

 

国立新美術館で開催中だ。
6月29日までです、是非、覗いてほしいですね。

ルネ・マグリット
マグリットの作品においては事物の形象はきわめて明確に表現され、筆触をほとんど残さない古典的ともいえる描法で丁寧な仕上げがほどこされている。しかし、その画面に表現されているのは、空中に浮かぶ岩、鳥の形に切り抜かれた空、指の生えた靴といった不可思議なイメージであり、それらの絵に付けられた不可思議な題名ともども、絵の前に立つ者を戸惑わせ、考え込ませずにはいない。
マグリットの絵画は、画家自身の言葉によれば、「目に見える思考」であり、世界が本来持っている神秘(不思議)を描かれたイメージとして提示したものである(デペイズマン)。この点は、夢や無意識の世界を描き出そうとした他のシュルレアリスムとは異なっている。 Wikipediaより抜粋

マグリットの空色、好きですね!