Apple Lossless

Apple Lossless の解説?
解らんかも?

———————————————— —–
Apple Lossless Format
———————————————— —–

Apple Losslessは次の機能をサポートしています。これらはすべて提供されているコーデックコードにありますが、すべてがalacconvertに実装されているわけではありません。

1.ビット深度16、20、24、および32ビット。
2. 1〜384,000 Hzの任意の整数サンプルレート。理論上、最大4,294,967,295(2 ^ 32-1)Hzまでのレートをサポートできます。
3. 1〜8チャンネルがサポートされます。サポートされている形式のチャネル順序は次のとおりです。
ナムチャンオーダー
1モノ
2ステレオ(左、右)
3 MPEG 3.0 B(中央、左、右)
4 MPEG 4.0 B(中央、左、右、中央サラウンド)
5 MPEG 5.0 D(中央、左、右、左サラウンド、右サラウンド)
6 MPEG 5.1 D(中央、左、右、左サラウンド、右サラウンド、低周波エフェクト)
7 Apple AAC 6.1(中央、左、右、左サラウンド、右サラウンド、中央サラウンド、低周波エフェクト)
8 MPEG 7.1 B(中央、左中央、右中央、左、右、左サラウンド、右サラウンド、低周波エフェクト)
4.パケットサイズのデフォルトは、パケットあたり4096サンプルフレームのオーディオです。他のパケットサイズも確かに可能です。ただし、デフォルト以外のパケットサイズは、Apple Losslessをサポートするすべてのハードウェアデバイスで正常に動作することは保証されていません。16,384サンプルフレームを超えるパケットはサポートされていません。

———————————————— —–
このパッケージには、Apple Lossless(ALAC)エンコーダーおよびデコーダーのソースが含まれています。

「codec」ディレクトリには、機能するコーデックに必要なすべてのソースが含まれています。また、UNIX / Linuxマシンでlibalac.aをビルドするメイクファイルも含まれています。

———————————————— —–
ALACconvert

convert-utilityディレクトリには、含まれているALACエンコーダーおよびデコーダーの使用方法を示す単純なユーティリティであるalacconvertを構築するためのソースが含まれています。

alacconvertは次の形式をサポートしています。

1.データがリトルエンディアン整数である16ビットまたは24ビットのモノラルまたはステレオの.wavファイル。拡張WAVE形式のチャンクは処理されません。
2. 16ビットまたは24ビットのモノまたはステレオの.caf(Core Audio Format)ファイルと、データがビッグエンディアンまたはリトルエンディアンの整数である特定のマルチチャンネル構成。チャネル順序の操作は行いません。
3. ALAC .cafファイル。

cpmデータをALACに、またはその逆に変換するalacconvertと呼ばれるコマンドラインユーティリティを構築するための3つのプロジェクトが提供されています。Mac OS X Xcodeプロジェクト、Windows Visual Studioプロジェクト、および汎用UNIX / Linuxメイクファイル。

注:Windows上でビルドする場合、Visual Studio 2010より前のバージョンのVisual Studioを使用している場合、はインストールされません。このファイルを自分で取得する必要があります。プロジェクトと同じディレクトリに置くことができます。

2011年10月、Apple 社は ALAC のソースを公開
ネット上を検索してみて?